2011年01月31日

花粉症は家族からの遺伝なの?

一部では、花粉症は家族から遺伝すると言われています。家族の中に花粉症の方がいる場合、花粉症の症状が表れる確率はかなり高いようです。実際には花粉症と遺伝の関係は完全には解明されていませんが、親が花粉症のケースは高い確率で子供も花粉症の症状が見られるようです。

一般的に花粉症の原因としても挙げられているアレルギー体質は遺伝すると言われています。アレルギー性鼻炎やアトピーなどの体質による病気は遺伝による場合が多く、親と同様の症状を子供が引き起こすケースが多いようです。両親ともに花粉症の症状が出ている場合は、将来、子供が花粉症になると考えていた方が良いと思います。

逆に、家族に誰も花粉症の症状が見られないのに花粉症のような症状があらわれたら、なにか別の病気である場合もあるので注意した方がいいかもしれません。

もちろん、環境や食生活によって人間の体質は変わることがあるので花粉症になることもあります。しかし、家族に誰も花粉症の症状が見られないのに、花粉症の症状が出るというケースは、病院に行ってちゃんと検査をしてもらうべきかもしれません。

花粉症の症状のようなアレルギーに関する検査は、病院で血液検査をすることで判断することもできるので、気になる場合は医師と相談することをおすすめします。
posted by まさきち at 18:14| Comment(10) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

花粉症の症状がペットにも?

花粉症の症状というものは人間だけのものでく、人間以外の動物にも花粉症の症状があらわれます。つまり、ペットとして一緒に暮らしている犬や猫なども花粉症にかかることがあるということです。

花粉症の症状が引き起こされるメカニズムは、基本的には人間も動物も同じで体の中にある免疫系の仕組みが、身体への侵入物を取り除こうとするようとする働きによって起こります。つまり、花粉症というのは、花粉という身体への侵入物を取り除こうとして過剰に反応を起こすため、クシャミや鼻水、涙や咳といった反応が起こるのです。

その症状の反応を起こすキッカケになることは、花粉を大量に吸い込むことです。もし、飼い主が花粉症になるくらい大量の花粉が飛んでいる場所に住んでいれば、そのペットも同じように花粉症の症状があらわれる可能性は高いといえそうです。

ペットに花粉症の症状があらわれた場合には、かかりつけの獣医さんに相談するべきだと思います。花粉症の症状を見分ける判断としては、人と同じようにクシャミや涙を流したりといった症状があらわれるので、普段と違うような気がしたら獣医さんに相談してみることをオススメします。

ペットへの花粉症予防としては、動物がかかる花粉症にも花粉症用の薬があるということなので、あまりにも症状がひどいようなら薬をあたえて良くなればペットも喜ぶはずですよね。

動物は自然に生きる動物だからとはいえ、花粉症にならないとは限りません。人間と同じように動物の中にも敏感なペットがいるので、ペットにも迅速に花粉症を治療してあげるべきだと思いますよ。
posted by まさきち at 07:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

花粉症は国民病?

花粉症の症状で苦しんでいる患者数はどのくらい日本国内にいるのでしょうか?

花粉症の症状で苦しんでいる患者数は現在では国民病とも呼ばれるほどの数だそうです。じつに、国民の5人に1人が花粉症の症状で苦しんでいるといわれています。また、その大半がスギ花粉症であるというのが日本での花粉症の特徴でもあります。

今となってはスギ花粉症が多くを占めていますが、実は日本で最初に診断された花粉症というのはブタクサ花粉症だったそうです。日本国内で花粉症の症状として戦後初めて認められたのがスギ花粉症ではなかったということは意外でもありますが、じつはスギの木というのは戦後になってからたくさん植林されたそうです。それからスギの木が成長するまでの数十年間はスギ花粉症の症状で苦しむ人はいなかったということです。

今でも多くの花粉を飛ばしているスギの木ですが、じつは国有林として管理されています。しかし、スギの木は成長が早いため、戦後の焼けた山を簡単に緑で埋め尽くす目的で植林された面もあるため、国有林として積極的に保護する必要はそれほど高くはないそうです。

なかには、このスギを伐採して別の木に植え変えるべきだと言っている人たちもいるそうです。さらに、地球温暖化などへの影響を考えるならば、針葉樹よりも広葉樹の植林をした方が将来的には効果的なのではないかという意見もあり、今後の展開にも目が放せません。

花粉症の症状で苦しんでいる方にとっても、スギの木が減少すれば花粉の量も減り花粉症予防や花粉症を治療することにも繋がるので、今後の展開が気になるところですね。
posted by まさきち at 06:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。