2010年12月10日

花粉症予防と食生活の関係

一般的に言われている花粉症予防といえば、花粉症用のマスク、花粉症予防の注射や薬などが効果的な予防法ですが、普段の食生活を改善することによって花粉症を予防できます。


花粉症の原因はスギなどの花粉が目・鼻などの粘膜に付着して引き起こされるアレルギー性の病気ですが、そのアレルギー自体の原因は現代の食生活の影響が大きいとされています。

先週食べたものを思い出してもらえばわかりやすいと思いますが、インスタント食品やファーストフード、さらに動物性脂質を多く含む食品などの食事を占める割合が多くないですか?どういうことかというと、野菜不足や栄養の偏り、保存料や防腐剤を含む食品を摂取することはアレルギー体質の原因と考えられているからです。


日本の伝統的の食事でもある魚や野菜、しょうゆや味噌、納豆などの発酵食品を食生活に摂り入れることによって、花粉症の症状を予防し、軽減することができます。

このような食品は腸内環境の善玉菌を増やし整える機能があるので、毎日の食生活に摂りいれるような工夫をして下さいね。

そして、花粉症の症状が起こりやすい季節以前に、体質改善や体調管理を徹底し、食生活を改善することにより、花粉症の症状を予防することができるはずです。
posted by まさきち at 17:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。