2010年12月11日

花粉症の予防には花粉症について知る

花粉症予防のためには、花粉症がどうやって発症するかを知り予防法を考えるべきだと思います。花粉症のメカニズムを理解することで、どのようなに花粉症を予防すればいいのか分かると思います。

まず、花粉症というものはひのきやスギなどの花粉が目や鼻などの粘膜に付着し発症するアレルギー性の病気のことをいいます。また花粉症は現代病のひとつともいわれているとおり、花粉症の原因は食生活や生活環境、遺伝などが複雑に絡み合い発症するため予防が難しい病気でもあります。

では、なぜ昔は花粉症になる人が少なかったのでしょうか?昔から花粉はあったはずですよね?

どうしてかというと、欧米の影響による動物性脂質食品を摂取するような食生活、環境の変化によりアレルギー体質の方が増えてしまったからです。

人の身体というものは、免疫機能のとして体外からの異物の侵入に対して排除しようとする働きがあります。たとえば、鼻水、咳、クシャミなどは免疫機能の働きのひとつです。

本来、花粉自体は人体への害はほとんどありませんが、人によっては花粉を異物として認識し、免疫機能が過剰反応を起こす場合があります。これがアレルギーによる花粉症なんです。この免疫機能の過剰反応によって、花粉症の症状といわれている目のかゆみ・涙目・咳・クシャミ・鼻水などの症状を引き起こします。

アレルギー体質を改善するためにも、本質的に花粉症を予防するためには、生活習慣の改善が必要とされそうですね。
posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。