2010年12月24日

花粉症の初期治療に関して

花粉症の症状には初期治療を行うことが効果的です。花粉症の症状が引き起こされる時期というのは、花粉が飛散するときです。つまり、花粉症の症状があらわれるタイミングが限定的であれば事前に予測ができるということになります。

花粉症の症状は、主に花粉という侵入物が人間の身体の中にある免疫機能という仕組みが反応することで起こります。免疫系の働きと言うものは、人間の体の中に侵入しようとする物質を取り除こうとする仕組みで、菌やウイルスが入り込んだり、体内に寄生虫が入り込んだりすることを防ぐ仕組みです。

そして、花粉症の症状というものは、この免疫系の機能が花粉に対して過剰に反応を起こすことで、クシャミや目のかゆみ、涙や鼻水などの症状が引き起こされます。

花粉症の症状を緩和させるための初期治療というものは、この免疫機能が花粉に対して過剰な反応を起こさないようにすることです。そうすることで、花粉が飛散する時期になっても、クシャミや目のかゆみ、涙や鼻水などの症状に悩まされることが減ります。また、鼻炎の症状を抑える花粉症用の薬などを飲む事が少なくなるので身体への負担も少なくなります。

花粉症の症状は、発症するタイミングが限定的であれば事前に予測ができる病気です。さらに、事前に対策を練ることで花粉症の症状をある程度コントロールできるものです。つまり、準備が早ければ早いほど、花粉症の症状を緩和して快適な生活を送ることができます。早めに医師に相談して花粉症用の薬を服用したり、花粉症用マスクを着用したりして花粉症予防に備えることが必要だと思います。
posted by まさきち at 20:16| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。