2010年12月27日

花粉症を短い期間で治療したい方

花粉症を治療する際、短い期間で効果的に治療する方法と長い期間でじっくりと治療する方法があります。ここでは、花粉症になったことがなく急に症状があらわれた方や花粉症の症状に耐えられない方などのために短い期間で効果的に花粉症を治療する方法を紹介したいと思います。

短い期間で花粉症を治療する際、効果的な治療法はレーザー照射治療、もしくはステロイド注射治療です。簡単に治療法の説明をすると、レーザー照射治療は鼻の粘膜に照射する花粉症治療法です。

レーザー光線によって鼻粘膜のアレルギー反応が弱まれば花粉にも反応しなくなります。レーザー照射治療後はくしゃみや鼻水などを抑える効果の期待ができます。しかし、このレーザー照射治療は即効性はありますが、花粉症への治療効果の継続性はなく花粉症の根治治療ができるわけではありません。

そして、ステロイド注射治療は一度の注射で花粉症の抑制効果が持続し即効性もあります。しかし、副腎皮質ホルモンという副作用がでやすい薬を使用するため、ステロイド注射治療をする前に専門医との相談が必要です。

しかも、花粉症の根治治療が望めるわけでもなく、翌年の花粉症の時期に再度ステロイド注射治療を受ける必要があります。
posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。