2010年12月24日

秋に起こる花粉症の症状の特徴

秋に起こる花粉症の症状は、ブタクサ花粉症によって多くの方を悩ませています。秋に起こる花粉症の症状を引き起こす物質はブタクサ以外にも、イラクサ、セイタカアワダチソウ、オオヨモギ、ヨモギ、アキノキリンソウ、カナムグラが有名です。

秋に起こる花粉症の症状は、季節の変わり目ということもあり、なかなか自覚症状がないようです。また、スギのように花粉情報をテレビなどで知らせてくれることもないので、花粉症用マスクなどのような花粉症予防をしていないという方も多いはずです。

花粉症は飛散している花粉に対して、人間の身体がもつ免疫機能が過剰に反応して起こるものです。そのため、花粉症の症状というと植物が一斉に芽吹く春や初夏の季節という印象があります。実際には、晩夏や初秋に花粉を飛散させる植物も多くあることを知っておいたほうがいいかも知れませんね。

秋なのに花粉症の症状の自覚がある方は、住んでいる地域や仕事場の地域の植生について調べてみることをオススメします。というのも、秋に起こる花粉症の症状を引き起こす物質が生える地域の特徴を知っておけば、花粉症の原因物質が飛散する前に花粉症を予防することもできます。

季節ごとの花粉症の原因物質を調べておくことで、外出先で花粉症の症状に悩まされることも少なくなりますし、事前に花粉症用の薬などを持参することもできるようになるので、花粉症の症状を軽減させてたいという方は調べてみることをオススメします
posted by まさきち at 12:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。