2010年12月30日

夏に起こる花粉症の症状の特徴

夏に起こる花粉症の症状というのは、あまり聞きなれないかもしれませんが、夏の間も植物は活発に活動しているため、花粉症の症状を引き起こす物質も空気中にたくさん飛散しています。

夏に起こる花粉症の症状を引き起こす物質として有名なのは、イネです。お米のもとになるイネは、実はあまり知らていないアレルゲンです。しかも、花粉症の症状を引き起こす物質になるもので、夏の鼻炎の原因になります。

夏の花粉症の原因物質はイネの他にも、オオアワガエリ、イチゴ、甜菜、夾竹桃(キョウチクトウ)、ヒメガマ、カモガヤなどが挙げられます。夏の暑い時期の花粉症というのは、花粉症の症状と暑さが重なるため身体的にもかなりつらいものとなります。また、夏の季節には花粉症の症状はでないと思っている方が大半なため、花粉症用マスクなどの本来とるべき花粉症予防をしない方が多いという厄介な事情もあります。

花粉症の症状というものは、植物の花粉に対して身体の免疫機能が過剰に反応して起こるものです。夏には暑さや食欲不振などで夏バテになり、体力を消耗しやすい状態になっているため免疫機能も弱りやすくなっています。

もし、毎年夏の季節でも鼻炎などの症状が出るといった方は、花粉症を予防するためにも夏に起こる花粉症の症状を引き起こす物質に関するテストを受けてみた方が良いかもしれませんね。ただの夏風邪ではなく花粉症の症状だとわかるかもしれません。実際のところ、夏に起こる花粉症の症状が一番厄介かもしれません・・・
posted by まさきち at 20:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。