2011年01月02日

花粉症の症状がペットにも?

花粉症の症状というものは人間だけのものでく、人間以外の動物にも花粉症の症状があらわれます。つまり、ペットとして一緒に暮らしている犬や猫なども花粉症にかかることがあるということです。

花粉症の症状が引き起こされるメカニズムは、基本的には人間も動物も同じで体の中にある免疫系の仕組みが、身体への侵入物を取り除こうとするようとする働きによって起こります。つまり、花粉症というのは、花粉という身体への侵入物を取り除こうとして過剰に反応を起こすため、クシャミや鼻水、涙や咳といった反応が起こるのです。

その症状の反応を起こすキッカケになることは、花粉を大量に吸い込むことです。もし、飼い主が花粉症になるくらい大量の花粉が飛んでいる場所に住んでいれば、そのペットも同じように花粉症の症状があらわれる可能性は高いといえそうです。

ペットに花粉症の症状があらわれた場合には、かかりつけの獣医さんに相談するべきだと思います。花粉症の症状を見分ける判断としては、人と同じようにクシャミや涙を流したりといった症状があらわれるので、普段と違うような気がしたら獣医さんに相談してみることをオススメします。

ペットへの花粉症予防としては、動物がかかる花粉症にも花粉症用の薬があるということなので、あまりにも症状がひどいようなら薬をあたえて良くなればペットも喜ぶはずですよね。

動物は自然に生きる動物だからとはいえ、花粉症にならないとは限りません。人間と同じように動物の中にも敏感なペットがいるので、ペットにも迅速に花粉症を治療してあげるべきだと思いますよ。
posted by まさきち at 07:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。