2010年12月28日

花粉症の基本的な治療法

花粉症を治療するために効果的な方法は、花粉症の症状がではじめた段階で花粉症の治療を始めたり、花粉症に毎年悩まされる方は、花粉症シーズン前に予防策を考えることが重要になってきます。どの病気でもそうですが、早い段階で治療をすることがその病気に対しての治療効果を最大限に引き出してくれます。

花粉症シーズン直前、花粉症の症状があらわれてから治療をはじめる方もいれば、花粉症シーズンの3ヶ月前から花粉症治療の対策を考える方もいると思いますが、医師からすすめられている対策は、花粉症シーズンに入る前になんらかの花粉症治療対策をとることだそうです。

そこで、花粉症シーズンに入る前にちゃんとした花粉症治療をはじめるためにも、いくつか効果的な花粉症治療対策を紹介します。じつは花粉症治療法といってもたくさんあります。たとえば、花粉症治療で人気の高いレーザー照射治療、漢方や針灸などの東洋医学的治療、ステロイド注射治療、プラセンタ注射治療、抗ヒスタミン薬の投与、局所ステロイド投与、減感作療法(げんかんさりょうほう)、健康食品や甜茶などを含む民間療法などとたくさんあります。

どの花粉症治療法にもいくつかのメリット・デメリットがあるのも事実です。ですので、花粉症治療を始める前にちゃんと治療法の内容を理解してからはじめるようにしたほうが良いかと思います。
posted by まさきち at 08:00| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

花粉症を短い期間で治療したい方

花粉症を治療する際、短い期間で効果的に治療する方法と長い期間でじっくりと治療する方法があります。ここでは、花粉症になったことがなく急に症状があらわれた方や花粉症の症状に耐えられない方などのために短い期間で効果的に花粉症を治療する方法を紹介したいと思います。

短い期間で花粉症を治療する際、効果的な治療法はレーザー照射治療、もしくはステロイド注射治療です。簡単に治療法の説明をすると、レーザー照射治療は鼻の粘膜に照射する花粉症治療法です。

レーザー光線によって鼻粘膜のアレルギー反応が弱まれば花粉にも反応しなくなります。レーザー照射治療後はくしゃみや鼻水などを抑える効果の期待ができます。しかし、このレーザー照射治療は即効性はありますが、花粉症への治療効果の継続性はなく花粉症の根治治療ができるわけではありません。

そして、ステロイド注射治療は一度の注射で花粉症の抑制効果が持続し即効性もあります。しかし、副腎皮質ホルモンという副作用がでやすい薬を使用するため、ステロイド注射治療をする前に専門医との相談が必要です。

しかも、花粉症の根治治療が望めるわけでもなく、翌年の花粉症の時期に再度ステロイド注射治療を受ける必要があります。
posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

花粉症を根本的に治療したい方

花粉症の根治治療を探しているという方のために、いくつかの効果的な花粉症治療法を紹介します。短い期間で即効性のある花粉症治療法を求めると、どうしてもデメリットも多く花粉症の根治治療に至りません。やはり、花粉症の根治治療を望むのであれば長い期間をかけてじっくり花粉症を治療していくことが重要です。

長い期間かけて花粉症を治療する方法で主流な方法は、減感作療法(げんかんさりょうほう)、抗ヒスタミン薬の投与、漢方や民間療法などで花粉症の原因でもあるアレルギー体質を改善する治療法などが有効的です。

まず、減感作療法とは、アレルギー症状の原因物質にあげられるスギ花粉などを注射して、原因物質を体に慣れさせる花粉症治療法です。一般的にあげられる花粉症治療法はいわゆる対症療法と呼ばれている治療法で、花粉症の症状を緩和させるだけの治療法ですが、この減感作療法は原因療法のため、治療自体がうまくいくと今後花粉症の治療が必要ない生活を送ることができます。しかし、減感作療法は花粉症の根治治療法なので、治療の効果が現れるまで人によって時間がかかる場合があるようです。

そして、花粉症治療法の中では最もポピュラーな抗ヒスタミン投与の治療法は、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を和らげる治療効果が期待できます。しかし、抗ヒスタミン投与の治療効果を引き出すためには時間がかかるため花粉症シーズン前から治療をはじめたほうが良いかと思います。
posted by まさきち at 18:00| Comment(3) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。