2010年12月27日

花粉症を短い期間で治療したい方

花粉症を治療する際、短い期間で効果的に治療する方法と長い期間でじっくりと治療する方法があります。ここでは、花粉症になったことがなく急に症状があらわれた方や花粉症の症状に耐えられない方などのために短い期間で効果的に花粉症を治療する方法を紹介したいと思います。

短い期間で花粉症を治療する際、効果的な治療法はレーザー照射治療、もしくはステロイド注射治療です。簡単に治療法の説明をすると、レーザー照射治療は鼻の粘膜に照射する花粉症治療法です。

レーザー光線によって鼻粘膜のアレルギー反応が弱まれば花粉にも反応しなくなります。レーザー照射治療後はくしゃみや鼻水などを抑える効果の期待ができます。しかし、このレーザー照射治療は即効性はありますが、花粉症への治療効果の継続性はなく花粉症の根治治療ができるわけではありません。

そして、ステロイド注射治療は一度の注射で花粉症の抑制効果が持続し即効性もあります。しかし、副腎皮質ホルモンという副作用がでやすい薬を使用するため、ステロイド注射治療をする前に専門医との相談が必要です。

しかも、花粉症の根治治療が望めるわけでもなく、翌年の花粉症の時期に再度ステロイド注射治療を受ける必要があります。
posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

花粉症を根本的に治療したい方

花粉症の根治治療を探しているという方のために、いくつかの効果的な花粉症治療法を紹介します。短い期間で即効性のある花粉症治療法を求めると、どうしてもデメリットも多く花粉症の根治治療に至りません。やはり、花粉症の根治治療を望むのであれば長い期間をかけてじっくり花粉症を治療していくことが重要です。

長い期間かけて花粉症を治療する方法で主流な方法は、減感作療法(げんかんさりょうほう)、抗ヒスタミン薬の投与、漢方や民間療法などで花粉症の原因でもあるアレルギー体質を改善する治療法などが有効的です。

まず、減感作療法とは、アレルギー症状の原因物質にあげられるスギ花粉などを注射して、原因物質を体に慣れさせる花粉症治療法です。一般的にあげられる花粉症治療法はいわゆる対症療法と呼ばれている治療法で、花粉症の症状を緩和させるだけの治療法ですが、この減感作療法は原因療法のため、治療自体がうまくいくと今後花粉症の治療が必要ない生活を送ることができます。しかし、減感作療法は花粉症の根治治療法なので、治療の効果が現れるまで人によって時間がかかる場合があるようです。

そして、花粉症治療法の中では最もポピュラーな抗ヒスタミン投与の治療法は、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を和らげる治療効果が期待できます。しかし、抗ヒスタミン投与の治療効果を引き出すためには時間がかかるため花粉症シーズン前から治療をはじめたほうが良いかと思います。
posted by まさきち at 18:00| Comment(3) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

花粉症治療法のひとつ減感作療法

花粉症治療法のひとつに減感作療法(げんかんさりょうほう)という治療法があります。減感作療法というのは、まずアレルギー症状を引き起こす原因を特定し、その花粉症の症状を引きこしているアレルギー成分を長い期間に渡り体に少量を注入することで、その原因物質に対して体を慣れさせていく花粉症治療法です。

花粉症の原因として有名なのはスギ花粉なので、そのエキスなど使用して花粉症を治療するようです。花粉症を予防・治療する効果は期待できますが、数年間の治療期間が必要なこと、減感作療法を行なえる病院が限られているのがデメリットとして挙げられます。しかし、花粉症の治療法としては、今のところ減感作療法だけが完治させることができると言われています。

花粉症で悩んでいる方にとってみれば、花粉症用の薬などよりは効果が期待できる減感作療法ですが、先のようないくつかのデメリットがあり、今のところあまり普及しているとはいえません。

現状では減感作療法で花粉症を治療できる場所は限定的ですが、医師などと相談してみると紹介してもらえるかもしれません。数年間の治療期間がかかったとしても花粉症が完治してしまえば、花粉症用マスクや花粉症予防に悩まされることがないという点は魅力的ですよね。
posted by まさきち at 20:00| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。