2010年12月24日

花粉症の初期治療に関して

花粉症の症状には初期治療を行うことが効果的です。花粉症の症状が引き起こされる時期というのは、花粉が飛散するときです。つまり、花粉症の症状があらわれるタイミングが限定的であれば事前に予測ができるということになります。

花粉症の症状は、主に花粉という侵入物が人間の身体の中にある免疫機能という仕組みが反応することで起こります。免疫系の働きと言うものは、人間の体の中に侵入しようとする物質を取り除こうとする仕組みで、菌やウイルスが入り込んだり、体内に寄生虫が入り込んだりすることを防ぐ仕組みです。

そして、花粉症の症状というものは、この免疫系の機能が花粉に対して過剰に反応を起こすことで、クシャミや目のかゆみ、涙や鼻水などの症状が引き起こされます。

花粉症の症状を緩和させるための初期治療というものは、この免疫機能が花粉に対して過剰な反応を起こさないようにすることです。そうすることで、花粉が飛散する時期になっても、クシャミや目のかゆみ、涙や鼻水などの症状に悩まされることが減ります。また、鼻炎の症状を抑える花粉症用の薬などを飲む事が少なくなるので身体への負担も少なくなります。

花粉症の症状は、発症するタイミングが限定的であれば事前に予測ができる病気です。さらに、事前に対策を練ることで花粉症の症状をある程度コントロールできるものです。つまり、準備が早ければ早いほど、花粉症の症状を緩和して快適な生活を送ることができます。早めに医師に相談して花粉症用の薬を服用したり、花粉症用マスクを着用したりして花粉症予防に備えることが必要だと思います。
posted by まさきち at 20:16| Comment(0) | 花粉症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋に起こる花粉症の症状の特徴

秋に起こる花粉症の症状は、ブタクサ花粉症によって多くの方を悩ませています。秋に起こる花粉症の症状を引き起こす物質はブタクサ以外にも、イラクサ、セイタカアワダチソウ、オオヨモギ、ヨモギ、アキノキリンソウ、カナムグラが有名です。

秋に起こる花粉症の症状は、季節の変わり目ということもあり、なかなか自覚症状がないようです。また、スギのように花粉情報をテレビなどで知らせてくれることもないので、花粉症用マスクなどのような花粉症予防をしていないという方も多いはずです。

花粉症は飛散している花粉に対して、人間の身体がもつ免疫機能が過剰に反応して起こるものです。そのため、花粉症の症状というと植物が一斉に芽吹く春や初夏の季節という印象があります。実際には、晩夏や初秋に花粉を飛散させる植物も多くあることを知っておいたほうがいいかも知れませんね。

秋なのに花粉症の症状の自覚がある方は、住んでいる地域や仕事場の地域の植生について調べてみることをオススメします。というのも、秋に起こる花粉症の症状を引き起こす物質が生える地域の特徴を知っておけば、花粉症の原因物質が飛散する前に花粉症を予防することもできます。

季節ごとの花粉症の原因物質を調べておくことで、外出先で花粉症の症状に悩まされることも少なくなりますし、事前に花粉症用の薬などを持参することもできるようになるので、花粉症の症状を軽減させてたいという方は調べてみることをオススメします
posted by まさきち at 12:00| Comment(0) | 花粉症の症状とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

花粉症の予防には花粉症について知る

花粉症予防のためには、花粉症がどうやって発症するかを知り予防法を考えるべきだと思います。花粉症のメカニズムを理解することで、どのようなに花粉症を予防すればいいのか分かると思います。

まず、花粉症というものはひのきやスギなどの花粉が目や鼻などの粘膜に付着し発症するアレルギー性の病気のことをいいます。また花粉症は現代病のひとつともいわれているとおり、花粉症の原因は食生活や生活環境、遺伝などが複雑に絡み合い発症するため予防が難しい病気でもあります。

では、なぜ昔は花粉症になる人が少なかったのでしょうか?昔から花粉はあったはずですよね?

どうしてかというと、欧米の影響による動物性脂質食品を摂取するような食生活、環境の変化によりアレルギー体質の方が増えてしまったからです。

人の身体というものは、免疫機能のとして体外からの異物の侵入に対して排除しようとする働きがあります。たとえば、鼻水、咳、クシャミなどは免疫機能の働きのひとつです。

本来、花粉自体は人体への害はほとんどありませんが、人によっては花粉を異物として認識し、免疫機能が過剰反応を起こす場合があります。これがアレルギーによる花粉症なんです。この免疫機能の過剰反応によって、花粉症の症状といわれている目のかゆみ・涙目・咳・クシャミ・鼻水などの症状を引き起こします。

アレルギー体質を改善するためにも、本質的に花粉症を予防するためには、生活習慣の改善が必要とされそうですね。
posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。