2010年12月10日

花粉症予防と食生活の関係

一般的に言われている花粉症予防といえば、花粉症用のマスク、花粉症予防の注射や薬などが効果的な予防法ですが、普段の食生活を改善することによって花粉症を予防できます。


花粉症の原因はスギなどの花粉が目・鼻などの粘膜に付着して引き起こされるアレルギー性の病気ですが、そのアレルギー自体の原因は現代の食生活の影響が大きいとされています。

先週食べたものを思い出してもらえばわかりやすいと思いますが、インスタント食品やファーストフード、さらに動物性脂質を多く含む食品などの食事を占める割合が多くないですか?どういうことかというと、野菜不足や栄養の偏り、保存料や防腐剤を含む食品を摂取することはアレルギー体質の原因と考えられているからです。


日本の伝統的の食事でもある魚や野菜、しょうゆや味噌、納豆などの発酵食品を食生活に摂り入れることによって、花粉症の症状を予防し、軽減することができます。

このような食品は腸内環境の善玉菌を増やし整える機能があるので、毎日の食生活に摂りいれるような工夫をして下さいね。

そして、花粉症の症状が起こりやすい季節以前に、体質改善や体調管理を徹底し、食生活を改善することにより、花粉症の症状を予防することができるはずです。
posted by まさきち at 17:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

花粉症を予防するための基本的な対策

花粉症を予防するための基本的な対策として、花粉症を予防するための薬の服用、花粉症対策用のマスクの着用、鼻の粘膜へのレーザー治療、花粉症対策に効果的な甜茶などが挙げられますが、誰にでもできる簡単な花粉症を予防するための対策もあります。

たとえば、外出する際の花粉症予防策としては、花粉症シーズンは2月中頃から春にかけてですので、この花粉症時期の風の強い日や快晴の日などは特に花粉が飛ぶので、こういう日は外出自体を控えるようにしたり、仕方なく外出する場合は、花粉症対策用マスクを着用し、花粉が洋服に付着しないようなスベスベした素材の洋服を着るようにして花粉症を予防できます。

また、髪の毛に花粉が付着しないようにまとめたり、帽子をかぶるのも花粉症予防には効果的です。さらに、帰宅する際には、部屋の中へ花粉を持ち込まないように、家に入る前に、服や持ち物に付着した花粉を払い落とすようにすることで花粉症を予防できます。


自宅での花粉症予防対策としてできることは、手洗いやうがいをこまめにしたり、目や鼻をすすいだりすることで花粉症予防ができます。さらに、部屋の中に加湿器や空気清浄器を設置することで花粉を除去し、床などはなるべく雑巾やモップで花粉を拭き取リ、部屋の中を清潔に保つことも効果的です。その他にも、花粉が飛ぶ時期は、花粉が洗濯物に付着しないように部屋の中で乾かすようにすることも重要ですね。

花粉症を予防するための基本的な対策として必要なことは、花粉の部屋への侵入を防ぎ、自分自身が花粉を吸い込まないような予防法が重要だと思います。
posted by まさきち at 12:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

花粉症は海外旅行先でも予防が必要

花粉症は海外旅行先でも予防が必要です。せっかく海外旅行をするのに花粉症の症状で苦しむのはイヤですよね。ですので、旅行先の花粉の状態をチェックして、花粉症用のマスクなどを持参するなど予防策を考えておいた方が良いと思います。

花粉症の症状というのは、もちろん日本だけの病気ではなく花粉があるところ全てといえます。海外と日本との花粉症の違いは植生です。ですので、日本にいるより花粉症の症状が悪化する可能性もありますが、それほど花粉症の症状がひどくならないこともあるようです。

とはいえ、海外旅行の行くエリアによっては花粉症予防が必要ない地域もあります。たとえば、四季がないような一年中暖かい地域では花粉の飛散がありません。

逆に、初夏から初秋のヨーロッパに行くと、特に牧草のエリアではイネ科の植物による花粉が飛散しているため、花粉症の症状が引き起こされるケースがあるようです。アメリカでもブタクサの花粉が飛散している時期だと、花粉症の症状があらわれることがあるので、時期によっては注意をした方がよさそうです。

海外旅行先で花粉症の症状があらわれたときに困るのが、いつも服用している花粉症用の薬を入手するのが困難だということです。他の病気でもいえることですが、旅行に行く際はいつも服用している薬の予備を持っていくことをオススメします。花粉症の症状は花粉症用の薬を飲めば予防できるので、楽しく旅行を過ごすためにも事前に用意をしておくべきですね。

posted by まさきち at 10:00| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。