2010年12月07日

花粉症の予防が必要ない地域

花粉症の予防が必要ない地域に移り住むという事も、花粉症を治療するという意味では有効手段の一つとなっています。スギ花粉が飛散してこないエリアに移り住むということが最近話題になったそうです。

日本の場合だと、北海道や沖縄に移り住むという方が多いようで、花粉症予防で悩んでいる方なら花粉が飛散してこないエリアに行きたいと思っても不思議ではありませんよね。

花粉が飛び始める時期になると、どこにいても花粉症の症状があらわれて落ち着かないですよね。というのも、花粉の粒子はとても細かく、特に日本で代表的な花粉症のスギ花粉は風に運ばれて遠くまで飛散するため、たとえどんだけ離れたとしても、スギ花粉によって花粉症の症状が出始める可能性があるのです。

花粉症予防として最も効果的な方法は、物理的に花粉自体排除することです。仮に花粉を全て排除できさえすれば、花粉症であったとしても症状が出ることはないはずです。そのような理由から、花粉症を予防する対策として花粉が飛散してこないエリアに移り住もうというアイディアが生まれたのです。

とはいえ、現実的な問題として花粉症を予防するためだけに移り住むという方はなかなかいないと思います。しかし、ひとつの考え方として、花粉症の症状が悪化した際に花粉症用の薬や花粉症用のマスクが必要ない地域に旅行へ行って休養することはいいことかもしれません。
posted by まさきち at 14:05| Comment(1) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

コンタクトレンズ派にとっての花粉症予防

コンタクトレンズ派の方にとって、花粉症の症状というのは厄介なものです。というのも、花粉症によって涙が止まらなくなると、コンタクトがうまくフィットしなかったり、汚れがつきやすくなったりするので、大半の方は、花粉症の時期には眼鏡に変えることが多いように思えます。

そうはいっても、眼鏡が嫌いだったりファッションのためにコンタクトレンズを使用している方にとっては、難しい選択を迫られる時期でもあります。そんなコンタクト派の方が、花粉症を予防する方法について考えてみたいと思います。

簡単にできる方法としては、花粉症の時期だけ使い捨てのコンタクトレンズに変えてみるという方法です。使い捨てのコンタクトレンズならば、花粉症の原因でもある花粉がコンタクトに付着したとしても、その日に捨ててしまえば汚れがついたままということがなくなります。

他の花粉症予防法としては、花粉症専用のゴーグルに変えるという方法もありますが、ファッションが大事という方には、あまりオススメはできませんし、眼鏡とそんなに変わらない気もしますが・・・

花粉症用の目薬を使用して涙を抑えたり、かゆみを抑えたりする予防法もコンタクト派の方には効果的です。人間にとって目は大事な体の一部ですので、花粉症の時期だけでも何らかの予防策をとりたいものですね。
posted by まさきち at 19:23| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

花粉症予防の薬はいつ使用するべきか

花粉症を予防する方法はたくさんありますが、花粉症を根治させるなら、食生活を変えることで花粉症になるアレルギー体質の改善がいいとは思います。しかし、この方法は根治まで時間がかかるということもあり、どうしても花粉症に効果的な薬に頼ることが多いと思います。

この花粉症の症状を抑える薬を使用するタイミングには注意が必要です。というのは、花粉が飛散し始めてから薬を服用しても遅いということです。花粉症というものは、花粉が人の免疫系に反応することで症状が引き起こされるので、一度でも花粉症の症状が起こってしまうと、少しの刺激に対しても反応してしまいます。ですので、花粉症の症状が出たからといって薬を飲み始めたとしても、あまり効果が期待できません。

花粉症を薬で効果的に予防するためには、花粉が飛散し始める1ヶ月前に病院で薬を処方してもらい、早めに服用し始めるのが効果的な予防法と思われます。花粉症用の薬は体に効くまでに時間もかかるので、直前に飲み始めるよりは高い効果が期待できます。

花粉症の時期というのは3月くらいからですので、1月くらいには専門医と花粉症予防策を相談しておけば、花粉症の症状に悩まされずに乗り切れるのではないでしょうか。

posted by まさきち at 19:43| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。