2010年11月12日

花粉症は生活時間を変えると予防できる?

花粉症の原因である花粉は、太陽の光とともに植物の活動する時間である昼間に飛散します。花粉は植物が活発に活動するとたくさん飛散するので、必然的に花粉症の症状もひどくなります。簡単に花粉症を予防するには、風向きや気温、天候状態によって花粉の飛散する量も変わるので、まずは天気予報をチェックして行動範囲を決めるのも、花粉症予防としては効果的ですね。

また、花粉は昼間の時間帯に多く飛散するということは、夜は植物が活動しなくなるため花粉症の症状は出にくいということになります。実際に昼間と比較して、夜に外出したとしても症状がひどくないということもあります。極端な予防法ではありますが、花粉症の時期だけ生活する時間帯を変えて、花粉症を予防する方法もいいかと思います。仕事を休むというわけにはいかないので、単純に、仕事へ行く際に出勤時間を早くして、帰宅時間を遅らせるだけで花粉症の悩みが減らせるかもしれません。

花粉症の症状がひどい方は、花粉が多く飛散する時間帯には外にいないような生活サイクルに組み替えてみると、花粉症を予防できるかもしれませんね。
posted by まさきち at 16:10| Comment(0) | 花粉症の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。